スポンサーリンク

初心者が電気工事の仕事始める。第2種電気工事士資格を取り、昇給・昇格、何がどうなったらええのか? 徹底解説※永久保存版

 

なぜ2種電気工事士免状を持っているとよいのか

 

第2種電気工事士の免状は電気関連では最低基準の免許といわれています。

この免許所持することによって身近にある100V、200Vの電気工事を取り扱うだけでなく、資格試験のために学習した努力を考慮して基礎学力保持者であり、

「最低限の電気の知識、数学力、安全に関する感覚、法律などを知っています。」

といった責任能力も含まれています。

 

受験のための学習レベル

工業高校の電気科ではだいたい2年生で学校にもよりますが強制的に受けています。

私が卒業した学校では卒業時点で毎年80%以上が合格しています。

(先生方は生徒が努力すれば100%は可能なのに毎年望まぬハプニングが起きるそうです。)

 

第2種電気工事士の工事範囲

低圧(600V以下)でかつビル、工場、電力会社関連以外の一般用・家庭用電気工事

 

第2種電気工事士所持者が持っている可能性

 たくさんありますので一部紹介します

電気の基礎を学んでいるので

無線を学んで各種特殊無線技士、各種無線技士

通信を学んで電気通信設備工事担任者、電気通信主任技術者

へ方針変更が可能です。

上位資格へのチャレンジの夢がある

第1級電気工事士、電気施行管理士、電気主任技術者

技術士捕から4年修行して技術士へのチャレンジ

 

免許取得後実務経験を積むことで得られるもの(一部)

  • 甲種4類消防設備士試験の受験資格と一部試験科目免除

認定電気工事従事者認定講習の受講資格

1年 2級施工管理技士(建設業系)の受験資格

3年 主任電気工事士として働けます。

職長訓練をうけることで受注した電気工事の全体の現場責任者

独立可能(登録電気工事業者の承認条件)

5年 第1級電気工事士の免状発行(試験は2種電工がなくても受験できます。)

7年 職業訓練指導員(電気工事科)の受験資格

 

以上

職人モリマサ

 


ーーー

【職人モリマサの自己紹介】



45歳 独身
大阪府大阪市西区在住
現在 現場監督の仕事(正社員)の仕事をやってます。

太陽光設置工事の仕事経験7年(計画 設計 施工 全部話についていけます)
病気の大親友の生活を支えながら 
ついでに第2種電気工事士試験の講座開講で失敗して借金50万円の返済、
金銭的には追い込まれてます(笑)

【ブログ見てくれた方々に言いたいこと】

「あなたから僕に声をかけてほしい」ってことです。
僕は電気工事の仕事しか知りません。
頭のてっぺんから足の爪の先まで電気工事の知識と経験一本です。
だから
電気工事の仕事をしてる人と友達になりたいのです。

今すぐ具体的な工事案件の話ができなくてもかまいません。
元請け下請け、電力会社、管理者、職人問わず!
人脈増やしたい、
電気の仕事の会話がしたい、
自分のできること増やしたいし、仕事を増やして 周りからもっともっと自分を必要とされたい!
本気で思ってます。
なぜなら 僕は 「電気工事の仕事一本」それしかできん、墓までもっていこうと思ってるからです。
「喫茶店ミーティング、会社お伺い、打ち合わせ等」の情報交換希望の連絡待ってます!

【免状】
 第一種電気工事士
 1級電気施工管理技士
電気通信主任技術者(伝送交換)
 第三種 電気主任技術者
 第一級陸上特殊無線技術士
 甲種第4類消防設備士
 乙種第6類消防設備士
 乙種第7類消防設備士
 乙種第4類危険物取扱者

【労働安全衛生法関連講習】

監理技術者講習修了
蓄電池設備整備資格者講習
系統連系規程講習
電気工事作業指揮者安全教育講習
 高圧・特別高圧電気取扱特別教育
 職長・安全衛生責任者教育

→モリマサへの相談・仕事依頼はこちらから