スポンサーリンク

電気工事の仕事の種類3つを解説。 1施工管理 2電気主任者 3電気通信

電気工事の仕事の種類は3つ。

 

施工管理

これは 電力会社の専門工事業者から 各電気工事業者に仕事が流れてくる仕事。

たとえば

関西電力は 専門業者のきんでん工、関電工を抱えてる。

各電気工事業者は入札で

きんでん工、関電工から仕事をもらうって仕組み。

※入札で一番安い予算の会社に仕事が振られるってこと。

 

で、

たとえば

ビル立てます、建築工事が着工したら

電気工事部門だけが電気工事業社に任され

元請けと下請けが混ざって現場で作業していくことになる。

この建物建設に関して 電気に関する作業が 施工管理と呼ぶ

 

電気主任者

電気盤、ブレーカー、ジョイント部 結線部分

要は 高圧電気が走ってる、

火事やショート、事故の可能性がある、

経年劣化等で。

だから

定期的にチェックしなきゃいけない。

法律で決まってる。

だから、

・正常動作してるかどうか? 確認

・機器の清掃

 

これが電気主任者の仕事

 

電気通信

昔で言えば4Gの基地局を田舎に立てていく仕事。

今は5G。

※基地局立てるんじゃなく 変換するだけ。

 

昔は電気工事の仕事は 500万円くらいだったから

電気工事の仕事のサブの仕事と位置づけられてた、

だが、

今は1000万円レベルの仕事があるから 完全独立した。

なんで1000万円レベルに予算があがったかというと

セキュリティの機械代金も含むようになったから。

完全独立したって意味は

電気工事の資格、許可とは別の資格、許可がなかったら 電気通信の工事ができなくなったってこと。

 

以上

 


ーーー

【職人モリマサの自己紹介】



45歳 独身
大阪府大阪市西区在住
現在 現場監督の仕事(正社員)の仕事をやってます。

太陽光設置工事の仕事経験7年(計画 設計 施工 全部話についていけます)
病気の大親友の生活を支えながら 
ついでに第2種電気工事士試験の講座開講で失敗して借金50万円の返済、
金銭的には追い込まれてます(笑)

【広告宣伝の依頼したい業者担当者へ】

企画等 すべてこちらで提案できます。
↓仕事依頼の問い合わせフォーム↓

→電気工事関連の商材についての集客・宣伝・広告の依頼はこちらから


【電気工事業界のつながりがほしい自営業者へ 】

「喫茶店ミーティング、会社お伺い、打ち合わせ等」の情報交換希望の連絡待ってます
↓個人用問い合わせフォーム↓

→モリマサへの相談・仕事依頼はこちらから


【免状】
 第一種電気工事士
 1級電気施工管理技士
電気通信主任技術者(伝送交換)
 第三種 電気主任技術者
 第一級陸上特殊無線技術士
 甲種第4類消防設備士
 乙種第6類消防設備士
 乙種第7類消防設備士
 乙種第4類危険物取扱者

【労働安全衛生法関連講習】

監理技術者講習修了
蓄電池設備整備資格者講習
系統連系規程講習
電気工事作業指揮者安全教育講習
 高圧・特別高圧電気取扱特別教育
 職長・安全衛生責任者教育