スポンサーリンク

【第1話】電気工事でもっと仕事がしたい職人→管理者側に回りたい→どうやって?ハウツー

電気工事の現場ってのは

元請けの社員、そして 下請けの業者が数個あつまって10人20人集まる。

下請けは 自分を引き抜いてもらうため、次の仕事をもらうために

元請けの社員に全力でアピールする。

 

「これ、どーします?」

「うち、やれますよ」

全力提案、全力アピールする。

 

そしたらどうなるか?

次回の案件で

元請けは  その提案、アピールしてきた人たちに仕事を任せるようになる。

通常

元請けは 相見積もりとって 「この会社に仕事を振ろう」

決めるもの。

しかし、

めんどくさいのです。

だから、

元請けにとっては 信用できる下請けを見つけることは財産なのです。

 

現場におる 元請けの社員、監督者とは?

現場には 元請けから来た監督者が絶対一人はおる。

昨日今日入ったばかりの18歳の人も 現場では監督と呼ばれてます。

※元請けの監督者は 朝から晩まで写真撮ってるだけ。

 

その元請けの監督者が若ければ若いほど

下請けは アピールする、

元請けの人が考えてなかったことを、思いつきもしなかったことを。

そしたら?

「ええ人見つかりました」

元請けの上司に報告してくれる。

 

下請けの人たちは みんなコレを狙ってる。

元請けに信用される=人脈

工事が終わっても 新しい仕事の電話かかってくる

仕事振れる人から個人的に信用されてるから。

ということは?

職人作業だけでなく 管理者側に回れるってこと。

 

「次回予告」

電気工事業界特有の仕事の増やし方、立ち回り。

きんでん工、関電工、九電工(九州)、東電工(東海)の人とどうやって仲良く?

元請けの人と仲良くなったらなぜ仕事が増えるのか?

 

以上


ーーー

【職人モリマサの自己紹介】



45歳 独身
大阪府大阪市西区在住
現在 現場監督の仕事(正社員)の仕事をやってます。

太陽光設置工事の仕事経験7年(計画 設計 施工 全部話についていけます)
病気の大親友の生活を支えながら 
ついでに第2種電気工事士試験の講座開講で失敗して借金50万円の返済、
金銭的には追い込まれてます(笑)

【ブログ見てくれた方々に言いたいこと】

「あなたから僕に声をかけてほしい」ってことです。
僕は電気工事の仕事しか知りません。
頭のてっぺんから足の爪の先まで電気工事の知識と経験一本です。
だから
電気工事の仕事をしてる人と友達になりたいのです。

今すぐ具体的な工事案件の話ができなくてもかまいません。
元請け下請け、電力会社、管理者、職人問わず!
人脈増やしたい、
電気の仕事の会話がしたい、
自分のできること増やしたいし、仕事を増やして 周りからもっともっと自分を必要とされたい!
本気で思ってます。
なぜなら 僕は 「電気工事の仕事一本」それしかできん、墓までもっていこうと思ってるからです。
「喫茶店ミーティング、会社お伺い、打ち合わせ等」の情報交換希望の連絡待ってます!

【免状】
 第一種電気工事士
 1級電気施工管理技士
 第三種電気主任技術者
 第一級陸上特殊無線技術士
 甲種第4類消防設備士
 乙種第6類消防設備士
 乙種第7類消防設備士
 乙種第4類危険物取扱者

【労働安全衛生法関連講習】

 高圧・特別高圧電気取扱特別教育
 職長・安全衛生責任者教育

個人的な相談・問い合わせはこちらから