スポンサーリンク

【無料公開】45歳 電気工事の仕事の転職 履歴書(職務経歴)

電気工事の仕事の転職

履歴書、職務経歴書を書かなきゃ、でも書けない、

ロクな経験ない、書き方すらわからん、

転職回数多すぎやし・・

そんなあなたに 私の実際の職務経歴書をお見せしましょう。

 

履歴書

2019 7月 株式会社Aに正社員登用される。
業務内容
(1)主に電気工事の現場作業見習い。太陽光低圧案件の電工職人として見習い業務を行う
(2)現場作業がないときは施工管理見習い業務として

図面作成、工程管理、遠方現場の職人と打ち合わせ

・ドラフトサイトを用いて

各種設備結線図、測量図の転記、パネル配置図の作成、日照図の作成など

太陽光低圧案件の図面をすべて担当。

(社内ではjw-cad仕様のため変換して社内提出していた)
・図面作業もないときは社内資材管理、社内道具整備、電線の銅化(皮むき)などを行った。
(3)小規模だが元請けとして受注した工事案件の現場管理者業務

(職長・安全衛生責任者訓練を受けていいたため)

 

2019年9月 試用期間中に急遽、取引先のB株式会社との施工管理技士の人材不足に伴う会社間交渉がまとまり、2020年10月より会社指示による転籍出向が確定する。

2019年10月 株式会社A退社(理由:転籍出向)

2019年10月 会社間交渉によりB株式会社へ転籍する(正社員登用)。
2019年12月 東大阪市へ事務所移転。
2020年2月 B株式会社へ社名変更。
2020年3月 電気通信主任技術者(伝送交換)試験合格。

2020年4月 特定建設業許可に必要な「営業所 専任技術者」となる。

同月監理技術者講習受講する。

2020年9月 電気工事作業指揮者安全教育講習、系統連系規程講習、蓄電池設備整備資格者講習を受講

 

業務内容(行ったこと)(順不同)

・見積依頼があると名目上担当者となっていたが、積算について分からないことが多いため、

他の人が作成する状況の中で、業務に関連する法や知識をまとめて社内やお客様への資料を作成した。

・電気事業法、電気設備基準、公共工事標準仕様書関連、

建設や工事に関する法律関連の資料が社内になく、新規で揃えるのに渋る傾向があったため

(実際一冊一冊が高いというのもある)

インターネットでダウンロードできるものをあつめて、社員が使えるように共有した。

20年07月には

内線規程、高圧受電設備規程、発変電規程、自家用電気工作物保安規程の計4冊の規程集を入手できたため、

目次をPDFにして社員全員に活用を促し、要望のあった章又は節を転記して語彙検索できるように配慮する。

20/09には系統連系規程講習を受講し、その後系統連系規程の目次も転記して配布した。

9月末には5冊すべてのPDF化を終え、共有サーバに保存した。

(今後画像扱いのためデータが重く、文字検索ができないため、有効活用するには文字だけでも転記が必要である)

 

・スキルアップのため各種資格試験の学習することをすすめられ、

電気通信主任技術者(伝送交換)の免状を取得する。

7月に受験予定だった1級陸上無線技士の約10年分の試験問題転記(学習のため過去問の語彙検索ができるようにするため)と内容を学習して解答と独自の解説を作成した。

9月には電気工事作業指揮者安全教育、系統連系規程の講習、蓄電池設備整備資格者講習を受講し、同日資格試験を受ける(11月発表予定)

 

新規事業への参入計画について(行ったこと)(順不同)

・スターリングエンジンなどの蒸気機関をつかった気力発電、消化ガス発電、地熱発電やマグマ発電(超深度地熱発電)、非常用発電機関連工事、メインの太陽光発電設備の電気工事以外の新規事業へ参入するための資料や情報の収集作業

(営業が使える基本的な情報収集と請け負えそうなときに私が担当者となるため)

・8月から蓄電池担当となり当社が協力会社となれるよう、方々に営業活動を開始

(営業はド素人である)

8月は蓄電池設備整備資格者講習のテキストが事前に届いたこともあり、基本の学習と蓄電池に関係する会社を30社ほどピックアップしそれぞれ何をやっているかを分析した。
目的は当社が作業可能な分野(工事だけを請け負うこと)が可能かどうかの調査

9月はピックアップした会社へ営業の電話をかけるまえに、各会社の情報を知りえる限りまとめる

10月今後(実際のアポイント)は営業班が担当する。

私は技術的説明ができるよう蓄電池の学習、とくに法令関連の調査に熟知するよう指示をもらっている

・「箇条書きでもよい」とのことで電気関連事業以外の案(約8事業10案件分)は出すも、

「企画案として浅い」との指摘をうけ、大阪産業創造館へ相談にいき、指導を受けて再編集開始。(7月~現在再編集中)

「研修受けてでも案を出せ」とのことで

私には能力と時間がないので事業計画案を外注して作成したものの、無許可発注のため自費対応となる。

しかも提出した新規事業計画は一切見もせずふれもせずに、

「今後金を掛けず、社名も出さずに進行せよ」とのこと。この流れによって新事業案の会社を設立できるほどの案でないと計画や研究の経費すら認められないことを知る。

(先の蓄電池担当作業も同等対応となる)
(数年前に開業届を出しただけの森政電設工業を活用して新事業企画案作成活動実行中)

 

おしまい


ーーー

【職人モリマサの自己紹介】



45歳 独身
大阪府大阪市西区在住
現在 現場監督の仕事(正社員)の仕事をやってます。

太陽光設置工事の仕事経験7年(計画 設計 施工 全部話についていけます)
病気の大親友の生活を支えながら 
ついでに第2種電気工事士試験の講座開講で失敗して借金50万円の返済、
金銭的には追い込まれてます(笑)

【広告宣伝の依頼したい業者担当者へ】

企画等 すべてこちらで提案できます。
↓仕事依頼の問い合わせフォーム↓

→電気工事関連の商材についての集客・宣伝・広告の依頼はこちらから


【電気工事業界のつながりがほしい自営業者へ 】

「喫茶店ミーティング、会社お伺い、打ち合わせ等」の情報交換希望の連絡待ってます
↓個人用問い合わせフォーム↓

→モリマサへの相談・仕事依頼はこちらから


【免状】
 第一種電気工事士
 1級電気施工管理技士
電気通信主任技術者(伝送交換)
 第三種 電気主任技術者
 第一級陸上特殊無線技術士
 甲種第4類消防設備士
 乙種第6類消防設備士
 乙種第7類消防設備士
 乙種第4類危険物取扱者

【労働安全衛生法関連講習】

監理技術者講習修了
蓄電池設備整備資格者講習
系統連系規程講習
電気工事作業指揮者安全教育講習
 高圧・特別高圧電気取扱特別教育
 職長・安全衛生責任者教育