スポンサーリンク

電気工事資格の免状とは? 登録電気事業の許可を例に。第1種電気工事士と第2種電気工事士の2つはできる仕事の違いがあるのか?

登録電気事業の許可があれば

電気の仕事をもらうことができる、仕事をやっていい。

 

登録電気事業の許可をもらうには?

第2種電気工事士の試験に受かること

実務経験3年以上

この2つがそろえばいい。

だが、

例外がある。

第1種電気工事士の試験に受かって免状もってれば

上記2の実務経験が不要で

登録電気事業の許可がもらえる。

なぜなら

第1種電気工事士の試験に受かって免状もってる状態とは

実務経験が5年あるから。

 

ちなみに

第2種電気工事士の免状しかない状態での登録電気事業の許可は

一般用電気設備(低電圧)しか仕事ができない。

第1種電気工事士の免状があれば

高電圧案件も仕事ができるってこと。

 

 

ここで疑問

免状とは?

 

 

試験に受かっただけの人は 単なる合格者。

そもそも資格試験は 受かっただけで実務ができるシロモノは一つもない。

 

 

こうゆうカード発行状態を免状あると呼ぶ。

※ 第1種電気工事士の免状も僕はあるが デカいから持ち運んでなかったから第2種の免状の写真になりました

 

だったら

資格試験に受かった、

そのあと、申請したら 誰でも免状もらえるのか?

 

答えはNO.

申請するのに、実務経験が必要。

この実務経験をもらうのが この電気工事業界では 至難の技なのです。

 

まとめ

 

 

資格試験に受かっただけの人は 単なる合格者。

まだ仕事はできない、やっちゃダメ。

申請してカード発行してもらってはじめて 資格者しかできない内容の仕事ができる。

だから、

資格試験にだけ受かりたいのであれば

高校2年生で 第2種電気工事士試験合格

そして

高校3年生で 第1種電気工事士試験合格

可能だってこと。

実務経験がないからカード発行の申請できない、仕事ができないだけ。

 

以上

 


ーーー

【職人モリマサの自己紹介】



45歳 独身
大阪府大阪市西区在住
現在 現場監督の仕事(正社員)の仕事をやってます。

太陽光設置工事の仕事経験7年(計画 設計 施工 全部話についていけます)
病気の大親友の生活を支えながら 
ついでに第2種電気工事士試験の講座開講で失敗して借金50万円の返済、
金銭的には追い込まれてます(笑)

【ブログ見てくれた方々に言いたいこと】

「あなたから僕に声をかけてほしい」ってことです。
僕は電気工事の仕事しか知りません。
頭のてっぺんから足の爪の先まで電気工事の知識と経験一本です。
だから
電気工事の仕事をしてる人と友達になりたいのです。

今すぐ具体的な工事案件の話ができなくてもかまいません。
元請け下請け、電力会社、管理者、職人問わず!
人脈増やしたい、
電気の仕事の会話がしたい、
自分のできること増やしたいし、仕事を増やして 周りからもっともっと自分を必要とされたい!
本気で思ってます。
なぜなら 僕は 「電気工事の仕事一本」それしかできん、墓までもっていこうと思ってるからです。
「喫茶店ミーティング、会社お伺い、打ち合わせ等」の情報交換希望の連絡待ってます!

【免状】
 第一種電気工事士
 1級電気施工管理技士
 第三種電気主任技術者
 第一級陸上特殊無線技術士
 甲種第4類消防設備士
 乙種第6類消防設備士
 乙種第7類消防設備士
 乙種第4類危険物取扱者

【労働安全衛生法関連講習】

 高圧・特別高圧電気取扱特別教育
 職長・安全衛生責任者教育

個人的な相談・問い合わせはこちらから